SIMフリー端末とはどのような物か

大手キャリアが販売しているスマートフォンは、高速なプロセッサと大容量メモリー、大手キャリアが提供しているモバイル回線の高速化技術への対応など常に先進的な機能が盛り込まれているのが特徴です。

また、SIMロックになっている事で、その端末を販売しているキャリア専売の端末として消費者にアピールしています。しかし、このようなSIMロック端末は、他のモバイル回線を併用しているユーザーにとっては状況に合わせてSIMを入れ替えて使うといった使い方が出来ないデメリットがあります。

SIMフリー端末とは、特定のキャリアの回線に縛られずに、様々なキャリアの回線が使えるようになっているのが利点です。近年では、DSDS機というタイプのスマートフォンが登場しており、この端末では、二種類のSIMをスロットに挿入して、同時に待受とデータの送受信が行えます。

複数のSIMが使えれば、大手キャリアの通話定額を契約した物とMVNOで契約したデータ通信専用のSIMを使って、両方の良い部分を使っていく事ができ、月額料金を下げる事が可能です。SIMフリー端末を導入する他の利点は、端末の購入だけであれば、家電量販店やPCショップなどで購入する事ができ、大手キャリアのようにプラン契約による縛りが発生しないという事です。SIMフリー端末の種類は増加してきており、国内外の人気モデルのSIMフリー版も登場していますので、消費者にとっては選択肢が多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *